一粒の種から喜びを育みたい

田中農園について

  • HOME »
  • 田中農園について

代表メッセージ

健全な土から安全な野菜を提供するのが使命だと思っております。

野菜づくりのポイントは、米ぬか・えのきの菌床の堆肥を、有効微生物によって完全に発酵させた、自社製作の有機質肥料によって出来た健全的な土にあります。

「より良いもの、本当に美味しいものを食べて欲しい」その為には、土作りからこだわります。

(有)田中農園 代表 田中 孝

 

経営理念

美味しい健康・安全な、野菜生産を通じて、地域生活の充実に貢献する。

明るく楽しい会社の中で、規律のある職場を通し、生活の安定・職場づくりに邁進する。

日本一の野菜作りに邁進する。

 

概要

代表者 田中 孝
所在地 〒855-0022 長崎県島原市長貫町丙2142-2
資本金 300万円
事業内容 野菜生産
生産規模 ハウス:2.7ha / 露地:2ha
構成員数 3人

 

会社の沿革

1998年(平成10年) (有)田中農園 設立
2006年(平成18年) (有)雲仙森の野菜村 設立

 

田中農園の歴史

1970年(昭和45年) 諫早高等農学園を卒業後、就農する。
1971年(昭和46年) 生姜の栽培をはじめる。
1989年(平成元年) レタスの栽培をはじめる。
1990年(平成2年) 生姜の栽培を断念する。
1991年(平成3年) 大根の栽培を始はじめる。
1991年(平成3年) 大分県竹田市でレタスの栽培をはじめる。
1993年〜1995年
(平成5年〜7年)
HPハウス・硬質ハウスの建設
1996年(平成8年) 大根栽培を断念する。
ほうれん草・小ねぎの栽培をはじめる。
1998年(平成10年) 硬質ハウスを増設する。
1998年(平成10年) 自家製堆肥づくりを開始する。
2000年(平成12年) 直売所をオープンする。
2001年(平成13年) ハウスを増設する。(70a)
主な栽培を、ほうれん草・水菜・小松菜に切り替える。
2004年(平成16年) HPハウスを増設する。
2008年(平成20年) 堆肥舎を新設する。
2009年(平成21年) 直売所を閉店し、生産部門中心の経営へ切り替える。

 

所在地

(有)田中農園
〒855-0006 長崎県島原市寺中町2249-1

 

(有)雲仙森の野菜村
〒859-2113 長崎県南島原市布津町丙4630

お問い合わせ TEL 0957-63-0806 〒855-0022 長崎県島原市長貫町丙2142-2

Facebook

PAGETOP
Copyright © (有) 田中農園 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.